FC2ブログ
子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら25年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01
≪当院のお知らせ!!≫

各種施術、セッションの詳細は下記まで!(奈良郡山、東京世田谷)

http://kiraku.moo.jp/

クラニオセイクラル施術、スクールの詳細は下記まで!(奈良郡山、東京世田谷)

http://kiraku.life.coocan.jp/

こういうスピリチュアルだのサイキックだのというジャンルは
まゆつばが多いからすぐ

「彼は本物か?」「私は本物です」「本物を体験してください」

とすぐ本物という言葉がでてきてしまう。

そういう意味では、自分で言うのもへんですが、

僕は明らかに「ニセモノ」です。

血筋として霊能者や占い師がいたわけでなく

ある日突然、神様からの啓示があったわけでもなく

小さい頃から何か不思議なことができたり、見えたりしていた
わけでもなく(5歳で臨死体験はしたけど、以後別になんにもない)

単に整体という仕事で自分のできることの限界を感じて
超能力関連の本をたまたま見て、そこで能力伝授してもらって
おもしろくなってオリジナルで人に関わるエネルギー
をいろいろ追求し始めただけの

まぁ、趣味が高じてプロになったような奴

です。

でも、いろんな方に受け入れ、評価いただき、
いまでは人にお話させていただくようにまでなったわけですが

やっぱり「技術」というスタンスはかわらないですね。

そりゃ、勉強も経験もしましたが、やっぱり不思議力でいえば
ニセモノです。すごい方はいっぱいいる。

でも、ニセモノであっても最低限守らなければならないことがある。

それは「クライアントさんが不安になることはしない」ってことです。

最近、ヒーラーなる方々があちこち現れ、

だれしも能力をもらえば、ろくに勉強しなくても、実践しなくても

すぐお金もらって

人にヒーリングが施せ、幸せにできるという売りが多く、

それを求めていかれる方もいるわけなんですが、

先日、うちのクライアントさんがいろいろ試してみようと最近流行ってるアメリカからきた

なんちゃらヒーリングを受けて体調を崩して、術者にそのことを

告げたら

「あなたの感情が問題です」とだけ言われたらしい。

あほくさくなるのとそれ以上しゃべるとキレそうになったので

電話を切ったらしいけど、

いわゆる「やりっぱなし」をされたようです。

そういうとこが増えると、まともにやってる人たちが

再認識されるからいいんだけどね。どんどんやって(^^)

で、一時的に体調崩してそれが「好転反応ですから」「あなたの○○が問題です」は確かにわかるんだけど、それを誠意もってフォローするのが術者の役割やろ?・・・と言いたいんだが

クライアントさんになぜそうなったかぐらいの説明やバランスの再調整
ぐらいできないと、しんどい状態を不安に過ごさなきゃなんない。

たぶんフォローする術を持ち合わせていないんだろうね。

ほとんどはそんな教育しないもんね。メジャーな量産アチューンメント屋さんもたぶんしてない。

エネルギーを送るばかりでリカバリーできなければ

アクセルしか教えない運転といっしょだよ。ブレーキは大事。

我々ニセモノもそれなりに誇りを持ってやりましょうよ。

とついおもってしまいました。

今日はちょっとブラックな内容でした、ほほほ。
エネルギー全般に関するご案内用のホームページが

できました。

氣楽さんのお氣楽ホームページ
http://okira9.web.fc2.com/

よろしくです!


471850778_116.jpg




スタッフそわかさんの協力を得て、

ベースはプロにお願いしましたが、いい感じに仕上がりました。

一見、何のホームページかわからんところがいいんです(^^;)

やっぱり「いかにも!」はちょっとね。

よかったら感想くださいませ(^^)

ご興味ある方はお問い合わせください!

それとリンクしたるで!って方よろしくです。

こちらからもさせていただきますので連絡ください!




7月10日はホロンネットインクさんでエネルギー講座です。
http://holonnet.com/kikou2/

今日、市の健康診断に行きました。

そこで身長を測るのですが、二十歳ぐらいからずっと身長が

176cmだったのに、178cmになってました。

実は昨年の今頃も177.5cmだったので

「この身長計の誤差でかいなぁ」ぐらいに思ってたんですが、

今年は違うところにいったのに、去年より0.5cm高くなってる。

なぜか???と考えたらひとつしか浮かばない。

2年半前に入ってきたうちのスタッフ

の練習台でずっと施術を受けていること。

これしか浮かばない。

20年変わらなかったのが急に変化するんだからねぇ。

整体関連の仕事していても、自分の身体は痛い、疲れたなど自覚があれば

集中して自分の身体のメンテするけど、普段は瞑想ぐらいだったんで

スタッフが来てくれてからは時々やってもらってるからエネルギー

だけでは補えない肉体のひずみがとれてきたんでしょうかね。


なんにしてもスタッフの腕があがっていることと

自分の技術が確かなことが確認できた出来事でした(自画自賛!)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月17日新大阪 お氣楽エネルギー講座
定員40人まであと5人くらいです。
ご希望の方はメールください!

詳細はこちら↓

okira9.web.fc2.com/kouza.html
経験的なことなんですが、僕のやってるエネルギー療法は
なぜか婦人科系の症状によい反応があります。

生理痛、不正出血、内膜症、不妊・・・

一回の施術で生理痛や不正出血が止まった例はかなりあります。
(もちろんダメなときもあります)

次の日、レバー状のものがでて、それから生理痛がとまったとか、

痛みでのたうちまわっているのが一瞬でなくなったとか、

下腹部痛や足がだるくてしかたない、生理前ブルーなんかも
変化します。(治るって書きたいけど医師法で禁止)


不妊のかたも一年くらい月一回の施術で3人の方がご懐妊されました。

それらはたぶん、ホルモンとエネルギーが密接に関連しているからなんだと思います。


いわゆるチャクラの位置ってホルモンに関連する内分泌腺のあるところ
でもある。
その位置にあるのかは偶然じゃなさそうです。

2番・・・生殖器
4番・・・胸腺
5番・・・甲状腺
6番・・・下垂体、視床下部

医学的なことの詳細はここでは述べませんが
結果として変化しています。

ゆくゆくは、施術前後でもホルモン分泌量や免疫細胞の増減なんかが
データーとしてとっていけたらなぁと思うのですが、
一回3万円とか5万円とかかかるらしいです。

このジャンルも最近は専門書籍も出まわて来ました。

はやく門戸がひらけて
いろんな科学的裏付けが欲しいですね。
もったいぶったあとのつづきです(^^)えへへ。

生き方が変わると書いたのはまず自分が明らかに変わったという
実感があり、そしてその手法を施術に展開したとき、やはり
クライアントさんもそうなっていったという結果があるからなんです。
もちろん、その方の準備やタイミングによって一回で激変する方、何年か
整体で通っていただいていて突然変化しだした人、ゆっくりすこしずつの方
全然変化ない方さまざまです。

では、その「変わった」とはどう変わったかということですよね。
一般的には「上を目指す」「成長する」「進化する」という言葉が
よく使われるのですが、僕の感じるそれは
「元に戻る」「自然体」「本来の自分」ということです。

前回書いた「ひずみをとる」に大きく関連するのですが、
僕のやっている施術は「身体のひずみを取り、エネルギーの
流れをよくする」といういわば‘ごみ掃除‘と、とにかく深いリラックス
を体験してもらうことだけで
、積極的に何かを意図的に変化させたり、
コントロールしたりすることは痛みをとること以外には今は使っていません。

(一時期はそうゆうこともありましたが、それはかなり傲慢なことだと
気づきやめました。まだ、少しそういった部分も無意識であるかもしれません。言葉としてもあまり親切でないことのほうがおおいかも(^^;)
そのときは叱ってください(^^;)よろしくです。)

ひずみが取れていくにつれ、不安などいわゆるネガティブなものが
解消、もしくは受け入れやすくなること、自分と向き合うことが
起こりやすくなるなどの情報が入ってきやすくなるようです。
ぐるぐる巻きの水道のホースのねじれをなおしていくような感じですね。

それだけで、十分本来の自分の生きている目的なり、役割なりを実感する
方向に向かって「流れに乗る」ことができていくように思っています。
そうなってくると、多少のしんどいこともあって当たり前、順調、と思え、
過去のつらかったことさえ、必要であったと実感し、実は想い描いていたことも現実化している自分に気づいていく。
共感できる人も集まってくるし、いろんなことが楽になる。

もちろん、こうなっていくには自分ひとりでは無理。
周りの人が理解してくれないと難しい。
でも、自分が変われば相手も変わる。時に切れることもある。
それも流れ、乗ったほうがよいかもです。

そういったことが全部ありになれば、まさに「気楽に生きる」ですね。

最後になりますが、
僕は病気になってくれた?息子と脱サラをいとも簡単にokしてくれた
嫁さん、その後関わってくれた方たち、そしてエネルギーの存在に出会えた
ことに感謝しています。
そして、講座という形からですが、自分がよかったと思えることをわかる範囲ではありますがいろんな方にお伝えしていく機会にめぐり合えたことに感謝しています。

これが実は自然な流れなんだろうけど、僕の「こだわり」です。