FC2ブログ
子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11
一年くらい月イチで通ってくれた
不登校の女子高生が無事大学に合格したと報告をいただいた。

AO入試という
学力試験のない、なんらかの
自分の作品提出と面接のみの
入試らしい。
もちろん内申書などの普段の
素行も評価に入るとのこと。

うちに来たときは、身体が毎日しんどくて、
提出物だせない、出席日数足りない、進級できないかも等
いわゆる内申書に不利な状況からなんとか立ち直っての合格なので、
多少なりとも関わった者としても
結構うれしい出来事(^.^)

ポイントは
土壇場にならないとやらない性分

親は心配だからやはり子供がちゃんとしてほしいと思うのは当たり前で
いろいろ心配して注意したりしてしまうわけだが、
本人は土壇場でないとやる気がでないようで、
その土壇場にくる前にいろいろ言われてしまうと
すべてのやる気を失うサイクルにハマっていたよう。
そこに自律神経のバランスがイマイチなもんだから身体にくる。

親御さんもクライアントさんなので、勇気を持って放置することをアドバイスして、
実際にやってみたら、いままで出来なかったことがだんだんできるようになってきた。

いや、それはすべて親御さんが悪い訳ではなく、前を向くひとつの案件であり、
本人の解放されていない慢性緊張状態であったり、
周りの同級生に全く理解されない価値観であったり
(AO入試に受かるくらいだから、かなり個性的な存在)の要因が絡まったもので、
ひとつひとつその要因を対策することで一年経ったいま、
ひとつの結果に結び付いたのは間違いない。

幸い、僕の施術が緊張緩和に繋がったことと、彼女の価値観が理解できたことでうまくいったケースで、
毎月来るのが楽しみだとずっといってくれてた。

なかなか我が子となると難しい問題だけど、
手放して信じることは時として大事なことだと思いますね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kirakukiraku.blog50.fc2.com/tb.php/711-7e190cfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック