FC2ブログ
子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01
稀にお亡くなりになる前提の方のケアをさせていただくことがあります。

ご親族が「少しでも苦しまずに天国にいけますように」という思いからです。

その時、よく感じることなのですが、
お亡くなりになる2日前くらいから心身の状態がよくなることがあります。

それは行動、言動、もそうだけど、
「気」の状態やメンタルも含めてバランスよくきれいに感じることが
多いです。

うちの母親も亡くなる2日前に突然意識が戻って、普通にしゃべったり
歩いたりしたこともありました。

そういう経験をする中で
2年位前に「人の死期を予想する猫」という記事を目にした。

http://karapaia.com/archives/52149358.html

ターミナルケア病棟で飼われている猫が死期近い患者さんの元に
いついてしまい、それが高確率だということ。

匂いや化学物質で近寄ってくるのでは?という意見が多いみたいだが
そうであれ、僕はその患者さんが心地よいものを「気」も
含めて出していると確信している。

とにかく動物は不快になることは自らは絶対にしない。
特に猫は。

そう考えるとなんらかの快を発しているんだと思う。

僕がなくなる2日前に感じているものもそうである。
とにかくここちよいものなのです。

寿命があるとするならば、完璧な終焉があるんだろうな。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kirakukiraku.blog50.fc2.com/tb.php/698-1da4583a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック