FC2ブログ
子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10
「一年経つのは早いですねぇ~」
がお約束の時期になってきました。

町でも車移動中のラジオでも
ワムとマライヤと山下たつろーさんの季節です。
俳句で新しい季語にしたらええねん・・・とか思いますが。

みなさんはこの一年いかが過ごされましたか??
私はというと・・・

次男が無事就職をしまして、二人の子供が巣立ち
嫁さんとふたりでおだやかに過ごせるようになった一年でした。
逆に言えば、我が子と言うのはそれだけ生きている中で
大きすぎる存在だということですね。

我が子といえば・・・最近不登校のご相談が増えています。

その大半は不登校云々というより
「うちの子の緊張を緩めてやってほしい」
というご依頼です。

まぁ、整体院なのでその通りなんですけどね

しかし、その緩んでからが他の整体院とちょっと違うところ。
身体が緩むといろんなことを表現しやすくなります。
自分のことが話しやすくなるんですね。
40歳くらい離れている僕にいろんなことを話してくれたりします。

ってことは、自分のことが話せないから、理解してもらえないから
人に対して、必要以上に緊張してしまう訳です。

身体が楽になると、心も楽になるのは本当にそう思います。

常識や既成概念にとらわれず、我が子のそのまんまの話を聞いてあげることで
なにか変化がでるかもしれません。

親からすれば、我が子は「普通以上」であってほしい・・・
しかし、その「普通」は単なる平均値であり、自分が勝手に引いた線の内側なんですね。

大きな視野で我が子を見ると変化が起こるんじゃないかと思っています。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kirakukiraku.blog50.fc2.com/tb.php/669-c82c828d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック