子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
ネタが出るときは続くもんです。

今日は変なことを書きます。
でも事実です。

施術中に身体が勝手にバタバタ動き出すって人はまぁまぁたまにいます。

それだけでも変なのですが、それと同時に
『聞いたことないような言語を話し始める人』
がごくごくたまにいます。

自分が20年やってきた中では今日で3人目。

一度話始めると自分で止めるのが難しいようで、とりあえず時間が許す限り話してもらいます。

もちろん、何を言ってるのかさっぱりわかりません、
話してる本人もわからないようです。

しかし、ひとしきり話した後は憑き物が取れたように
心身がものすごく軽くなるようで、それも一時的ではなく、
かなり根本的に楽になるようです。
過去二人はそう言ってました。

施術者としてはよい仕事ができてるってことです(^-^)

これが日本語なり英語なり聞いたことある言語なら会話もできてなかなか面白いでしょうけど、、、
一部のトンでる方々には宇宙語とか古代語とか前世の記憶とか、好きそうなネタになります。
私、話せますとかいう人もいそうですね。

実は、、
かくゆう僕も15年くらい前にそんな現象がありました。

なかなか面白くて、日本語を話したくても頭のスイッチがなかなか切り替わらずにしばらく話せないんですよね。

あと、口元と舌がいままでに使ったことないような動きをします。

その言語の発音をするには、日本語を話す筋肉の使い方ではだめなんでしょうね。

なるほど、異国の発音がうまくできないのは頭が切り替わらないだけでなく筋肉が慣れていないからなのか、、、
とちょっと感心した瞬間でもありました。
なので、自分が思い込みでやってる訳でもなさそうです。

こんな面白い事象ですが、この件に関しては真相の追求はやめておこうと思ってます。

おかしくなりそうだから(  ̄▽ ̄)

しかし面白いネタなのでちょっと書いてみました。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kirakukiraku.blog50.fc2.com/tb.php/633-ff80b824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック