子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
今週は東京ウィークで世田谷区某所で
単身赴任で一週間仕事をしています。

はやいもんで東京で仕事をはじめて6年目ですかね。
最初は友人のアロマセラピストに3人ぐらい手に負えない
クライアントさんがいるんでなんとかしてよ・・・
と、交通費自腹で一泊2日で来たのがはじまり。シティホテル
泊まって赤字ですな、ははは。
でもそれがあっていまは口コミで週に30~40人ぐらいみさせていただいております。
その際協力いただいた方、クライアントの皆さん、心底ありがたく思っています。

で、いまはやっと時間が空いたんでしばらくお休みしてましたから少し書いてみたいと思います。

神と鬼というテーマの読み物を見て、ふと善と悪はどうなんだ?と考えた。
まず、宇宙創世の意識(たとえばグレートスピリッツ、サムシンググレート、アカシックレコード、膨大な意識、大いなる流れなどいろいろ表現あり)から考えたらなんでもありなんで善悪は
ない。それを決めるのは人間だけでしょうね。

いつも思うのは戦争時の殺人は勲章で、それ以外は罪。
なんでやねん!の世界です。
TPOで善悪なんて変わるんですよね。
よく悪意に満ちたことをされた!なんて聞くけど、やってるほうは罪悪感さえなければ
悪意だなんて絶対に思っていない。

宗教では(あくまでも主観であり他意はありません)「天国と地獄」や「天使と悪魔」という設定がよくありますが、一般的な認識は「悪意を持っては痛い目に遭いますよ、いけませんよ」という脅し的ニュアンスに捉えられていますが、僕は「自分にも悪意(罪悪感)があることを理解しましょうね」と説いていると思っています。

悪意を持っていることを自覚し認めることによって初めて
善意がわかるし、自分はよいと思ってやっても相手にとっては迷惑なことなんてよくある話だが、それは自分に悪意なんて決して存在しないと思っている(または悪意を完全否定している)自分はきれいであるべきだと勘違いしている人によくある傾向だ。ウツの方もその傾向は強い。

自分は弱く、汚く、ずるく、悪意もある(でも自分のことはいい奴だと思っている)と自覚した人ほど人にもやさしくなれるのではないだろうか?
なぜなら自分が弱く、汚く、ずるく、悪意を持ってるのに、弱く、汚く、ずるく、悪意のある相手を完全否定できないから。

善も悪も神も鬼もすべて自分に気づきをもたらすありがたい
存在です。
ところで、ドラゴンボールのピッコロ大魔王と神様はどうなんだろう?
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kirakukiraku.blog50.fc2.com/tb.php/6-6a983998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック