子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
東京出張中は仕事や打ち合わせや友人と会うことで
ものすごく忙しいけど、夜は暇なんで、なんとなく書いてしまいます。
アップは朝ですが・・・

で、前のブログで「全」という言葉を書いて思い出した。

僕の名前「全彦」なんです・・・これで「まさひこ」
ニックネームは昔から「ぜんちゃん」。妥当だ。

一回で読んだ人、生まれてこのかた5人以内。

姓名判断するお寺かなんかでつけていただいたらしいんでけど、
実家の半径20キロ以内にこんな珍しい名前の同姓同名が
人づてであとふたりいることが判明している。
当時そこは有名だったんだろう。

で、この名前、そうとう困らされた。
なんて読むの?は問題ないけど、勝手に命名されるのは困る。

学生時代、部活で入賞とかしたら朝礼で賞状もらったりするんだけど
校長はいい加減で、「もりた・・・」で、しばし沈黙のあと、「かねひこくん」「ぜんひこくん」
ひどいのは
「またひこくん」・・・これはないやろ~傷ついたなぁ。

全校生徒の前でもらいにいくんやで、「またひこくん」はないやろ!
これニックネームにならなくてよかった。

で、ずっといやだったんだけど、やっと最近わかった。

「全」=「ホリスティック」やん。
自分が求めてたものが名前にあったなんて
あちゃ~。
なんか背負わされてるのかなぁと、名前という「呪縛」を感じたりもするが よいほうで理解できるから、ま、いいか。

お寺もすごいけど、それに決めた親もすごい。
40歳を過ぎてやっとわかった。
そう考えるとやっぱり死ぬときにしかこの人生の意味はわからんのか?
とつくづく思う。

関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kirakukiraku.blog50.fc2.com/tb.php/49-759ffdb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック