子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
2日目の午後は講演会でした。
この研鑚団体はエネルギー(目に見えないもの)を生活の場で
実践することで社会貢献しようと研鑚しています。
導入部分は遊び感覚で親しんでいただき、段々とその方に応じた
研鑚をしていただこうというものです。

よかったら覗いてみてください。

ETP協会
http://www.etp3980.com/
(その後、退会しました。)
で、その日は講演後の懇親会で遅くなりほどよく
疲れて就寝・・・目覚めると雪まじりの雨。
今年の冬はそうとう寒いようだ。

そんな中、本日の参拝は宗像大社。
遣唐使の時代から旅の安全を願う参拝が多いらしい。

かなりの大雨の中参道を歩き辺津宮本殿が視界にはいったとたん
両足が固まり動かなくなってしまった。
「大丈夫?」と同行のN先生と協会のN代表。

時間とともにゆっくりではあるが動けたのでジッと
自分の様子を観察すると「地芯と繋げられた」感じ。
だから足が重いのか???

本殿の参拝を終え、土砂降りの中、高宮への階段をゆっくり
登る。
おっ、また結界??更に重い。

そして辿り着いた高宮は社のない古式祭場。
ここは凄かった。
なにかわからんけど凄かった。

まさに天から光が大地に届き、自分達も含めて
天へと繋ぐような感覚。

なるほど辺津宮で地芯と繋がった感覚の意味が理解できた。

ここは天と地を繋げる場だったんですな。

ここは本当におすすめです。


関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kirakukiraku.blog50.fc2.com/tb.php/4-54476c05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック