子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
5月はなぜか「スピリチュアル」なことに疲れました・・・
というクライアントさんが多かったです。

「スピリチュアル」っといっても、本当の意味の「霊性」ではなくて
そのブームから来たグッズ購入やファッション的行動のことです。
受信側の方がそれらに依存して、限界が来ている。

でも逆にいえば、「このままではいけない、自分でなんとかしなくてはいけない」という
ことに気付く流れが来ているのだと思っています。


他力本願で自分の生き方にきっかけを作ってもらう事は十分可能だと思いますが
自分の生き方が他力本願では苦しいことがかえって多くなるんじゃないでしょうか。
しかしながら、遠周りしたり、無駄なお金をつかったとお嘆きのこともあるかもしれませんが
それは違います。
あれもあってこれもあっての「今」です。
僕も多少なりともそんな時がありましたから・・(^^)

2012年が・・・とかいってる流れもありますが、
「だからどやねん、なんかあってもいままでどおり生きていきていくだけやん」

ぐらいのつもりでない自分を持たないともうついていけなくなりそうです、
おっきな流れにね(^^)

一方発信側の悪循環もあります。

ある方に言っていただきました。

「氣楽さんは、クライアントさんや受講生さんにまったく執着しないよねぇ」

はじめは言葉の意味がよく分からなかったのですが、
ああ、私が治しますよ、とか私のやり方をやっていればいいんですよとか
言わないってことのようです。

この業界の先生方には自分以外の施術や方法にクライアントさんや受講生(弟子?)
がかかわると機嫌がわるくなったり、破門したりする人もいるようです。

でも、じゃあその方々の人生をその先生が責任もって面倒見るかといえば
まあ、見ないですよね。

自分の人生、自分が責任持つわけですから、それがほんとに理解できていれば
クライアントさんや受講生(弟子)さんの自由意思も理解できると思うのですが
自分の価値観の範囲内に置いておきたい、イエスマンに囲まれていたい方々も
多いんだと思います。

ちょっと毒を吐きましたが、これからは本当に自立の時代、自分が自分を
守る時代です。

あくまで、僕たちの意見や施術結果、技術は参考であり、きっかけであり、
決して答えではないんです。

うまく使っていただくツールでしかないのです。



関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kirakukiraku.blog50.fc2.com/tb.php/340-8c443977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック