子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
ようやく話題だった村上春樹さんの「1Q84」を読み終えた。

以下ネタバレもありますので注意です!

活字アレルギーの僕が唯一読める春樹さんですが、
今回はどうも社会的な批判、メッセージが多かった印象が
強いです。

もちろん、読む人の感性で響く部分や疑問な部分もあるでしょうけど
、僕は以下の一節が残りました・・というかうまく表現しているな、と。



「真実というのはおおかたの場合、強い痛みを伴うものだ。そしてほとんどの人間は痛みを伴った真実なんぞ求めてはいない。人々が必要としているのは、自分の存在を少しでも意味深く感じさせてくれるような美しく心地よいお話なんだ。」


ほんとうは最後に

「だからこそ宗教が成立する」

が加わっています。
でも、「宗教」のそこは「趣味」でも、「酒」でも、「ばくち」でも
「勉強」でもなんでもよいと思うんです。



なかなか近道はないですな
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kirakukiraku.blog50.fc2.com/tb.php/312-18368ab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック