子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
いわゆるスピリチュアルや宗教的な教えに
「愛」「感謝」という言葉が使われることが多い。

はたしてこれらの言葉を深く理解している人がどれくらいいるだろうか?
僕はまだその自信がない。
しかし、その感覚で満たされたことは幾度となくある。

では、その「愛」「感謝」ですべて解決するのであろうか?

あるとき、人やまわりの影響を受けることを少なくするエネルギーワークをお教えしていたとき
「感謝があれば受けないと聞いたことがあります」という意見が出ました。

極論はそうかも知れません。
しかし、それを実践できる方がどれくらいいるでしょうか?

ぶっちゃけ書きます。

その感覚を体験していない方ほど、「愛」「感謝」という言葉に酔うのでないでしょうか?

その感覚を知ってしまうと、いかにマイナス要因と向き合うかを理解しようとするはずです。

著名な方では、マザーテレサ氏、ダイアナ氏、ダライラマ氏などは争いに対して
立ち向かうことを実践されていたはずです。

感謝があれば、マイナス要因を受けない(無視できる)わけではありません。
むしろ、積極的に理解し、向き合っていく姿勢ができていくはずです。

「愛」「感謝」という言葉は諸刃の刃かもしれません。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kirakukiraku.blog50.fc2.com/tb.php/286-a328c592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック