子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
以前からたまに書いているカシオペアというフュージョン(といてもドラゴンボールのあれではない)・・・ベタにいうとスーパーマーケットや釣り番組、スポーツ番組で流れている歌のないやつ。

しかし、僕はそれをもう25年くらい聞いてる。

ライブがすばらしい!




カッコイイと思ったら聞いてくだされ!

それのアマチュアファン同好会みたいな感じで、
みんなで演奏するんだけど、僕も一応楽器は持っていったものの
ひと月で一チョ前に弾けるわけもなく、(先月買ってしまった)
ちょこっと初めにお手合わせ
頂いた後は司会進行を名乗り出たわけだけど、

(20年前くらいの友人の結婚式の司会をして以来)

ふだん講座とかで前では話していても
その場は自分の想いや考えを伝えるから
楽しんで進行できるんだけど、

まったく会ったこともない方々をある意味ぶっつけ本番で仕切るわけだから
どないすんねん!って感じでしたけど、
(いや、でもどないでもなるねんはいつものことですが)

実際司会を始めてみると、やっぱりふだん自分が講座でやってることが役立つんですねぇ。

ひとりひとりの情報を読む。(=ツッコミやすい)

そして、場を共有する(=流れがみえやすい)

あとは自分が心地よければまわりも自然と心地よくなる
(=自分のペースがわかりやすく、伝わりやすい)

同じ感覚の方たちが集まってると信じる(=共鳴してる)


いつもエネルギーワーク講座でお話していることをそのまんま活用したら
バッチリうまくいったみたいです

会議とかでも使えそうですよ。

参加者のおひとりでヒーリングとかをやっておられるかずちん
さん(マイミクになりました)にコメントいただいたのは

「場を均(なら)していた」らしいです。

個性のデコボコをうまくバランスしていたといってくれました。
それで場が進みやすくなったようです。
間違っても押さえつけて均一化じゃないよ。

へぇ~、なるほど。。。

島田紳助の番組見て勉強するか?

あと、
なんでかというか、やっぱりというか
まったく関係ない場でもいっぱい人がいる中で
同業系の人とは接点あるんですね。

もう、水面下の業界ではなくなっているのかもしれませんな。


そして、そこそこ生きててもまた新たな自分が見れて、

自分のこれからがまたまたおもろそうです。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kirakukiraku.blog50.fc2.com/tb.php/272-2e2181cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック