子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
プルプルプル・・・

もしもし、気楽ですが

大先生:あんたのところはどんなことするのかね?

きらく:どんな症状ですか?
    それによってかわってきますが

大先生:あんたのこと雑誌でみておもしろそうやから、あってみたいん    だが出張できるかね

きらく:こちらまで出向いていただけない理由がある場合のみ伺います    が、で、どんな症状ですか?

大先生:うん、腰痛なんだよ。

~話の内容から

きらく:ひょっとして同業者の方ですか?

大先生:うん、わしは○○といって本は××と□□と出していて、中国    で気功を学んで!”#$$%%%&&&’’

きらく:はぁ・・・

大先生:きっと君も私に会うと為になることがあるよ。だからきてもら    えないかね

きらく:じゃあ今月は無理なので時間作って伺いますが

大先生:ではよろしく頼む


後でネットで調べたら一応お弟子さんもおられる大先生みたいでいかにも!という写真がならべられたホームページがあった。

大先生は小学生以下の礼儀だった。

他にも一方的にビデオやdvdを送るよと言って送ってくださる大先生や、僕のクライアントさんや日記の書き込みに勝手に説教や教えをしてくださる大先生など、大先生にはモラルや礼儀の知らない人が多すぎます。

一芸に長けて人に先生と呼ばれて浮かれると人格に問題がでるのはこの業界に限らずどこの世界でもありがちですが、あまりに情けない。

大先生になると誰も口出しできないんでしょうか。

僕も先生と呼ばれる端くれなんで知らない間に無礼者にならないよう気をつけないといけません。

ま、うちはスタッフが怖いし、クライアントさんやスクールの受講生さんにもよく突っ込まれるのでありがたいです



お知らせ

そんな威厳のない先生が講師のエネルギー講座

2008年9月14日(日)
    新大阪「お氣楽エネルギー講座」

●場所 大阪市立青少年文化創造ステーション 和室
    KOKO PLAZA ココプラザ)
http://www.kokoplaza.net/access/map.html
2008年9月21日(日)
    東京「お氣楽エネルギー講座」

●場所:サロン氣楽、世田谷院
http://homepage3.nifty.com/KIRAKU/access-tokyo.htm

2008年10月2日(木)
    大阪平日「お氣楽エネルギー講座」
●場所 清風ヒーリング整体院
http://www.k4.dion.ne.jp/~kiyoraka/akusesu.html
●時間 1部 13:00~ 講師 清風ヒーリング整体院 吉田 (東京のみ森田)
                  
      2部 15:00~ 講師 サロン氣楽 森田
               
●料金 ( )内は氣楽のエネルギースクール及び伝授を受けていただいてる方

 1部2000円(2000円)、
 2部4000円(2000円)、
 両方参加5000円(3000円) 

●内容

◆1部(約90分)

初心者の方でも、その日から使えるようになって頂きたい、という思いで、
毎回ほぼ同じ内容を繰り返し行います。

また反復することで、より身につくというワークでもありますので、
繰り返し受講されることは、大いに意味があります。

同じ内容は不要という方は次回より、2部からの参加にされてもかまいません。

主な内容は 
「氣を感じる、自発功、対面ヒーリング、遠隔ヒーリング、誘導瞑想など」

担当は吉田淳香先生です。(東京のみ森田)
◆2部(約90~120分)

初~中級者の方向けに実際にエネルギーを日常や施術で使っていただくための
具体的な理論や技術をお伝えするとともに、新しいネタもチョコチョコ
お話していきたいと思います。
そして最後に瞑想も実施いたします。

担当は森田です。

今回のお題は「情報を読むの巻」 を予定してますが、
いつもながら思いつきと空気を読んで???の内容になりますので
お楽しみに・・・

●申し込み順に受付させていただきます!

参加ご希望の方は
一部か二部か両方参加か、
お名前、連絡先、
どこでこの講座を知ったか、

をまでメッセージで送ってください。
よろしくおねがいいたします。

●前回参加された方々の感想はこちら↓
http://okira9.web.fc2.com/taiken.html#c
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kirakukiraku.blog50.fc2.com/tb.php/255-ebb18f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック