子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
最近、知人が若くしてガンで亡くなられました。

そんなに親交があるわけでもないのですが、なんとなく親しみのある

素敵な方でした。

生前のとある日、身体がつらいので施術してほしいと連絡をいただき、

(知り合って数年になるが初めて来られた)みさせていただいたのだ

が、どう考えても「やばい」状態で、すぐにでも病院にいってよ!

と言いたかったのだが、それを察するように「病院にいかずに

身体を治したいのよね」とゴリ押しされ「氣楽さんにもし病院に

いきなさいなんて言われたら不安でしょうがなくなるから言わないでね」
と先手を打たれた。

それ以上は何も言えなかった。

その方はとある西洋医学を否定しているかなり著名な整体の先生を長年師事されていて、

今回も週一回くらい通っていたにかかわらず、ガンではなく、あなたの身体がよくなる方向になっている兆しですよ

などといわれて、それを励みにしていたらしい。

それでも、僕は遠まわしに遠まわしに言葉を選んで病院の催促はした。

そしてその何週間か後、身内の方から末期ガンだったのよ・・と連絡をいただいた。そしてひとつき後他界された。

うちにこられてからふた月後のことだ。

正直、腹が立って仕方なかった。

その先生と自分に。

素人さんが触ったってあのお腹はおかしいのだ。

でも、その先生を信じて自分と戦っている人に病院に行けとは

言えなかった。

医者以外、病気の診断はできない。

だから、ちょっとでも怪しかったら病院で検査をしてくださいと

薦める。当たり前のことである。

でも、今回のことに限らず、なにか信念を持って事に当たっている人に

は、そのことに賛同すること以外に意見は聞き入れてもらいにくい。

最近病気に限らず、そんなことがたびたびある。


それでも無理やりにでも意見を通すべきだったのか・・・

その方を尊重し、自分を偽り賛同するのか・・

今回は結果的には病院にいっているではないか。

しかし、それはあくまで結果論であり、

いい悪いはないと知ってしまった今の僕には意見のゴリ押しができなくなっている。

これからのテーマである。


お知らせ 2つ

その1   2008年4月24日(木)
    大阪、平野「お氣楽エネルギー講座」 ~エネルギー封入の巻~

              
●場所・・・清風ヒーリング整体院   

●時間 1部 13:00~ 講師 清風ヒーリング整体院 吉田
     2部 15:00~ 講師 サロン氣楽 森田

●料金 ( )内は氣楽のエネルギースクール及び伝授を受けていただいてる方

 1部2000円(2000円)、
 2部4000円(2000円)、
 両方参加5000円(3000円) 

詳細は
http://okira9.web.fc2.com/kouza.html

その2
エネルギー講座の相方、吉田淳香先生が
「合気ウォーキング大阪教室」
をやるそうです。

おもろいかも・・・

<日時> 

5月23日(金) 13時~15時
5月30日(金) 13時~15時
6月6日(金)  13時~15時

詳細は
http://www.k4.dion.ne.jp/~kiyoraka/ibento.html

ランキングに参加しています。
1日1クリックしてもらえたらうれしいです^^

   
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kirakukiraku.blog50.fc2.com/tb.php/232-0e0e3b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック