子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
中国から帰ってきて、どうもエネルギーの使い方が少し変わってきた。

結果の出方も少し変わってきた・・・というかバリエーションが増えた感じです。
どなた様にでもってわけではないのですが。

以前天使に襲撃されたことを書きましたが、今度は「地使」が襲撃ではないけど
サポートに入っている。

地使なんて言葉はないんだけど、(たぶん、それは龍脈と呼ばれているかもしれない)どうも大地のエネルギーを使うようになって
それがひとりでに作用し始めているようである。

いわゆる「おまかせ」状態といいますか・・・

天使があるなら、地使があってもいいやん。

日本・・・というか先進国は霊性(スピリチュアル)がいろいろいわれているけど、
それにちょっと違和感を感じて中国にいって、やっぱりと思ったのは

全体に上に(霊性なものに)ずれているんじゃないのかな?

ってことなんです。

要は本来の天地のバランスからすると、天側にずれているということ。

本来「グラウンディング」って言葉は「グラウンディング」できていないから
できた言葉なんだと思うんだけど、自分も人には「グラウンディングしましょう」
なんていっておいて、本当にそれはどんな感じなの?
と自問自答したら???だった。
全体にずれていたら、その範囲内でしかわからんやん・・・ということ。

で、中国にいって、たかだか2泊だけど、なんとなく大地を実感し、
すごく大事なものを持って帰れた気がします。

地側に戻ることでバランスが戻った感覚です。
実際、スタッフや友人から、「なんか妙に元気やねぇ」ともいわれるし、
自分でも疲れ方がぜんぜん違う。

アセンションだのフォトンベルトだの次元上昇だの
科学的にも天側にずれているということが言われていますが
それは先進国のごく一部での話で、今日一日どうするか・・・という
環境の人々にはどうでもいい話であり、

そしてどうせみんなほっといても地磁場の影響でそうなるんだったら、バランスとるために
大地というものをもっと意識したほうがいいんじゃないのかな・と素直に思ってしまいました。

体験したことしか信じない僕としては
うわずっている感じがどうしてもぬぐえない自分の今の環境で
非常によい体験をさせていただきました。

えらそうなこと書きましたが、そんなことを感じる今日この頃です。

地使ちゃん、ありがとう。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kirakukiraku.blog50.fc2.com/tb.php/211-172c43dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック