子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
広州空港で友人が出迎えてくれ、その日は友人と軽く飲茶を食べてベットにもぐり込んだ。

さすがに疲れていたんでぐっすりと寝た。

で、今日泊まったホテルは昨日とは打って変わってそこそこ豪華なホテル。
レストランやマッサージなどもあり、活気付いている。

でも、でもでも280元である。

昨日はカメムシも這っていたホテルで260元である・・・仕組みがわからない

さて、広州では朝から友人の仕入れに付き合い、昼から氣功を受ける予定だが
中国では、氣功は病院でしか受けられない医療だそうで、いきなり受けられないらしい。

そのあたり張さんとうまく意思の疎通が出来てなかったようで、残念だったが、
本場の氣功はあきらめた。

しかし機転を利かして張さんは

「電気氣功を受けてみないか?」と勧めてくれた。

電気氣功???なんだそれ???

でも、せっかくきたんだから受けなきゃね、っとお願いした。

待つこと30分。

精悍な感じの男性が部屋に入ってきて、空気がピンと張り詰めた。

張さんの説明ではお医者さんで20年のキャリアがあり、今日はたまたま予約は少なく
君たちはラッキーね、と言ってくれていた。

先生はプレートのついたコードを2本取り出し、一方を裸になってうつ伏せで寝ている
下腹部に、もう一方を先生の足元に置いた。

そして、先生は背中に手を置いた。





「おーーーーーーーーーー」と叫んでしまった。







なんと先生と僕は感電しているのである・・・それが電気氣功!

足のかかとでオンオフをしながら全身を感電させていくわけである。

なるほど、低周波のような感じで疲れそうな筋肉に沿って手を動かしていく。
それはある意味馴れると気持ちいい。
筋肉は確かに刺激され、ヒクヒクするんでゆるむだろうけど・・・

で、上向きと指示されて寝返ると、眉間に手を当てられた。




え!うそ!まさか!





想像してみてください・・・顔が感電・・・

昔、銭湯の電気風呂で顔までつかるヤツがいたけど、そんな感じか???

瞬間の恐怖の後、

縞模様のようなものが目に前に連続して映った。
等高線のような白黒のラインが通電するとみえる。

「おーーーー、なんだ、すげぇ~」・・・歓喜すると、

先生はそれを喜んでいる。ひとつのパフォーマンスかな。

こめかみや頬辺りに通電しても見える。歯茎は痛む。

恐るべし、電気氣功!!


で、このとき思ったのは、普段エネルギーワークすると白や紫なんかの光が見えるという
方がいる。僕もそうなんだけど、それはやはりなんらかの電気作用が指を通して起こっているんだ
ということ。瞑想でも見えるのは、脳の電気信号が視覚神経に入っているんだなと言うこと。

それに確信が持てた。

で、後半は通常のマッサージをしてくれる。向こうでは「按摩」である。

しかし、医者がマッサージをするのだろうか?

あとから合流した知人が自分も受けたいといったんだけど時間がないので
先生が「じゃ、明日来ます」と答えていた。

え?いつも予約でいっぱいじゃない?

マッサージを受けながら、???となってきて恐る恐る聞いてもらった。

「僕も日本で同じようなことをしているんですが、
電気氣功を習得するのにどれくらいかかるんですか?」

「3ヶ月で充分だよ」・・・・???

この電極は医療機器なんですか?

「一元で作れるよ」・・・・????

よくみると、普通のコンセントに銅板が結んであるだけ。

だんだん、先生の精悍さは薄れ、気さくなおっちゃんへと僕らの目線は変わっていった。

張ちゃん、ハッタリ言い過ぎ・・・

ひとり150元(2250円)で楽しいひとときをスゴシマシタ。


関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kirakukiraku.blog50.fc2.com/tb.php/209-f74b4741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック