子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
経験的なことなんですが、僕のやってるエネルギー療法は
なぜか婦人科系の症状によい反応があります。

生理痛、不正出血、内膜症、不妊・・・

一回の施術で生理痛や不正出血が止まった例はかなりあります。
(もちろんダメなときもあります)

次の日、レバー状のものがでて、それから生理痛がとまったとか、

痛みでのたうちまわっているのが一瞬でなくなったとか、

下腹部痛や足がだるくてしかたない、生理前ブルーなんかも
変化します。(治るって書きたいけど医師法で禁止)


不妊のかたも一年くらい月一回の施術で3人の方がご懐妊されました。

それらはたぶん、ホルモンとエネルギーが密接に関連しているからなんだと思います。


いわゆるチャクラの位置ってホルモンに関連する内分泌腺のあるところ
でもある。
その位置にあるのかは偶然じゃなさそうです。

2番・・・生殖器
4番・・・胸腺
5番・・・甲状腺
6番・・・下垂体、視床下部

医学的なことの詳細はここでは述べませんが
結果として変化しています。

ゆくゆくは、施術前後でもホルモン分泌量や免疫細胞の増減なんかが
データーとしてとっていけたらなぁと思うのですが、
一回3万円とか5万円とかかかるらしいです。

このジャンルも最近は専門書籍も出まわて来ました。

はやく門戸がひらけて
いろんな科学的裏付けが欲しいですね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kirakukiraku.blog50.fc2.com/tb.php/163-08531561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック