FC2ブログ
子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら25年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2019/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/04
≪当院のお知らせ!!≫

各種施術、セッションの詳細は下記まで!(奈良郡山、東京世田谷)

http://kiraku.moo.jp/

クラニオセイクラル施術、スクールの詳細は下記まで!(奈良郡山、東京世田谷)

http://kiraku.life.coocan.jp/

昨年8月に胆のうガンと肝臓、リンパ節への転移で余命4か月、
年越しはダメって宣告された方がいて、
一回の抗がん剤治療の副作用があまりにもきつくて
いわゆる西洋医学は一旦やめて
自然療法に切り替えて、食事療法とうちの施術でいまだ普通に暮らしている
方がいます。

で、今日連絡があって、
進行状況を確認するため7か月ぶりに同じ病院でもう一回検査をしてみたところ、
メインの胆のうガンは8月のまま進行なし、肝臓とリンパ節への転移はほぼ消滅してるって
連絡がありました。
良くなっているということですね。

当然ドクターは不思議がりますわなぁ。

でも理解あるドクターでちゃんと話しをして、
もう一回抗がん剤を弱めに入れて残りをやっつけて
引き続き自然療法をすることになったようです。

いやもううれしいですね!こういう報告(^^)

西洋医学と自然療法のいいとこどりをするのが
一番いいと思うんです。

否定しあってる方々もいますが、
結局、クライアント(患者さん)のことを考えるのがメインであって、
施す側の人間が自分たちのやり方をやり通すのはナンセンスだと常々感じます。

もちろん、クライアント(患者さん)が賢くならなければいけません。
この方はすごく勉強されてましたし、ドクターや僕まかせではなく、
自分にはなにがよいのか?日々何をするべきか?などを
ちゃんと考え、決して自分のことを丸投げしない方でしたから
良くなってきたのだと確信してます。

ひょっとしたら完治するかも?に向けてがんばりたいですなぁ。