FC2ブログ
子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら25年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2015/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312015/11
≪当院のお知らせ!!≫

各種施術、セッションの詳細は下記まで!(奈良郡山、東京世田谷)

http://kiraku.moo.jp/

クラニオセイクラル施術、スクールの詳細は下記まで!(奈良郡山、東京世田谷)

http://kiraku.life.coocan.jp/

本日もまた変わった症例がありました。

どうしても左の肩の凝りがとれない人。

いろいろ話すと国家資格の試験に落ちて凹んでいるとか。

しかし、施術を進めていくもやはりマシにならない。

と、あるポイントがヒットした。

その方は15年くらいきてくださってるクライアントさん。
自分も長い付き合いでいろんな話しもしてるからある程度性格は把握していたんだが、実はものすごく負けず嫌いなところがあったと初めてわかった。

本人もそれに気づかなかったようで。
というのも小学校からエスカレーターで大学へ。
そして親族の会社へ。
結婚、出産。

人生、いままで悔しい思いすることには関わらずかわしてきたらしい。

僕が知ってる彼女像は「リスクを避けるために最善を尽くすべし」
すなわち、あまり挫折がなかったから今回悔しいという感情があったにも関わらず自覚できなかったみたい。

そこにフォーカスして、肩甲骨の内側をクリっとやったら、ドバッーと感情がでて肩こりがとれましたとさ。

私、実は体育会系だったのね。
と笑って帰られました。

小さいうちから挫折や負けることを経験することは必要ですね。

一時期、順位のない運動会とかやってたけど有り得ないですな。

大事なのは挫折や負けたときの言葉掛かけやフォローの仕方ではないかな。