子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2008/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/06
≪当院のお知らせ!!≫

各種施術、セッションの詳細は下記まで!

http://kiraku.moo.jp/

クラニオセイクラル施術、スクールの詳細は下記まで!

http://kiraku.life.coocan.jp/

先日、お酒は飲めないけど、悪友たちと大阪キタのお店を三軒回った。

そしてその2軒めで、ど素人さんバンドが送別会ライブといって何曲か演奏していたのですが、

ドラムの人だけにやたら目が行く。

確かに他のメンバーに比べうまいんだけど、それだけじゃない。

なにかひきつけられるものが強い。

まさにずっと釘付けである。

ボーカルもメンバーがみんな交代で歌うんだけど、そのおっちゃんだけはひき付けられる。

他のメンバーは仕事疲れたからストレス解消でバンドやってます的哀愁があるんだけど、

その人は全く持って哀愁はない。

そこで、その瞬間に生きてます!って感じのオーラだった。

普段の顔はしらんので、わからんけどね。

ちょっとしたカリスマ性を感じた時間でした。

好きなことやってるときはそれくらいでいたいよね。

これが仕事となると背負い込むこともでてくるから難しい。

好きなことを仕事にしましょう!って本田健もいってるけど、それでだけでは

ストレスが増えそうにも思う。

友人の経営者がいってた。

「好きで仕事に来たやつは、ほんまに好きなことしかしないから使いモンにならん」

これはほんとだと思います。

好きなことを仕事にするのは素敵だけど、したくないこともあることを前提に

好きなことを仕事にしてくださいませ。




ランキングに参加しています。
1日1クリックしてもらえたらうれしいです^^