子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08
≪当院のお知らせ!!≫

各種施術、セッションの詳細は下記まで!

http://kiraku.moo.jp/

クラニオセイクラル施術、スクールの詳細は下記まで!

http://kiraku.life.coocan.jp/

クレニオセイクラルにのめりこんでから来る日も来る日もクライアントさんの頭蓋骨と仙骨を調整していたわけですが、

ある日ぎっくり腰だという女性を施術したところ

「手首が痛い!」とベッドから
転がり落ちてうずくまってしまわれました。

いやいや、仙骨の調整をしてるのになんで手首が痛いの??

とアセりつつも手首の関節を調整したり聞きかじりの気功(以下エネルギーワーク)を思いつく限りやってなんとか収まり

まぁ腰も改善したので、その日はお帰りいただき翌日、ぎっくり腰も手首も治ったよと報告いただきホッとしました。

さて、このことをいろいろ検証した結果、この手首の痛みの原因は体内エネルギーの滞りだとわかりました。

本来の正常に流れているエネルギーがなんらかの要因で滞りを起こすと問題が発生するようです。

頭蓋骨や仙骨を調整すると無意識に(というか自然に)施術者のエネルギーが相手に流れ出し、その方の体内エネルギーの滞っているところが痛みやしびれ、詰まり感などで反応する、というわけです。
こうなると深いリラクゼーションどころではありませんな(≧∇≦)

ちょうど、溝にゴミがあると水が当たって流れにくくなるようなもんですね。

それ以降、
メンタルの辛い方は胸やアタマが痛くなったり、

事故で全身打撲した方は全身に痛みが出たり

そのような反応の事例がドンドン出始め、手探り状態で対応していきました。

なんせ、そんな施術にテキストもアドバイザーもないですから、、、

いづれにせよ、体内エネルギーを「巡」らせることで様々な不具合が解消されました。

その後、そのエネルギーを「巡」らせることは身体の不具合を取るだけでなく

直感力やコミュニケーション力をあげたり、生きることにも影響していることがわかってきました。

「巡」はすべてのバランスを整えるようです。



僕をよく知ってる人だったら、タイトルみて

「またつっこみ入れることかくんちゃうの??」

と思われそうですが、逆です。
おもろかったんです!

ちょっとした集まりがありまして(またそのうちおいおいご紹介していきます)
自分的にはなかなか勉強になったことがありましたので、ちょこっと
書き留めておきますね。

1)イトウテルミーという温熱療法をしてもらったわけですが、目が疲れてるということで目の周りをやっていただきました。

確かに目がパッチリして、これいけるやん!
まじ勉強しよかなって思ってしまいました。
それくらい結果がでました。

2)そしてそのあと、波動測定をしてもらったら、一番点数の
高い項目が眼球でした

やるなぁ~、ちゃんと結果が合っています。

その後も他の方をのぞいてると、それなりの腑に落ちることもある雰囲気で、測定器の
精度が高いこと実感を感じました。

またオペレーターの方がそのシステムを開発したりしている方なので、構造や実情をお話していただいて、なるほど
そうなってたんか~という納得がありました。

3)体調不良の方を僕が施術させていただいたんですが、
ハードスケジュールと移動疲れで状態はかなりよくない感じでしたので
本格的にやらせていただきました。

その時僕が感じた状態と、その方がオーラ写真を受けられた時の所見がほぼ同じだったのはこれまた興味深かったです。

4)オーラ写真で、前からキャラが近いなと思っていた人とほぼ同じだったです。
どう解釈するべ??
オペレータの方は「機械がおかしいんかなぁ」といいだすほど同じでしたね。
その次の方が全然違うかったんで、機械は正常でした。


いろんな療法や測定とつき合わすことで整合性がでたり、総合的な
セラピーにつながることは実に有益なことですね。


で、思ったことはいままでそれぞれにイベントなどで個別で受けたりしていたけど、疑り深い僕は「???」でしたが、同時にやるとちゃんと何らかの傾向がでるというおもしろさがありました。

オペレーターの方のクオリティも高かったしね。

そのうちエネルギー講座~特別編~で、みなさんにも
体験していただこうと思います。
エネルギーの練習会とか絡ませたらおもろいね。

乞うご期待!


お知らせ
●2008年6月26日(木)
    大阪平野「お氣楽エネルギー講座」 ~肉体調整の巻 ~
●時間 1部 13:00~ 講師 清風ヒーリング整体院 吉田
    2部 15:00~ 講師 サロン氣楽 森田

●料金 ( )内は氣楽のエネルギースクール及び伝授を受けていただいてる方

 1部2000円(2000円)、
 2部4000円(2000円)、
 両方参加5000円(3000円) 

詳細は
http://okira9.web.fc2.com/kouza.html


ランキングに参加しています。

ベストテン入り継続中!ありがとうございます!

1日1クリックしてもらえたらうれしいです^^


   

よく使われる言葉ですが、その意味を実際の施術現場の経験から

考えてみました。

体力は筋肉などの純肉体的なもので鍛えるほどに強くなり

気力(精神力)は心の力、これも鍛えることは

可能なものだと思います。

どちらも、もともとの資質はもちろんあります。

そして生命力(存在力)は(たぶんですが)、その人の魂的なところだと思うんですよね。

だから鍛えることができない本来そのものの資質のみ。

この生命力については僕なりのおもしろい考察があって、

ウツになる人の多くは、心が弱いからじゃなくて、

生命力が強すぎて、それが理性的なまじめさゆえ、葛藤や罪悪感から

自分を攻撃してしまって、

しんどくなってるんじゃないかということ。

これが半端な攻撃じゃない。

自分の存在を否定しちゃいますからね。

だから生命力のエネルギーを外に向けると、誰かを傷つけたりするから

それがわかるから自分に向けてものすごい力で傷つけてしまっている感じですね。

で、対策はそこんところを気力(精神)でコントロールしていく。

ようは考え方をちょこっと方向転換する。

またはボクシングみたいなエクササイズでエネルギーを消費する。

その結果エネルギーをうまく使えばウツは軽減するように思います。

いや、本来のチカラが強いから、軽減どころか社会的にも成功したり、人望を得る方が多いです。

施術では、その自分に向かって内在しているエネルギーを抜く、もしくは

流れをつくる作業をすることで、外に出やすく、また本来の状態に戻るきっかけをつくる。

そこで、考え方の方向転換ができるかどうかはその人次第。

理屈がわかればなんとかなる。

エネルギーってそんな使い方もできます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


お知らせ 三つ

その1
 2008年3月23日(日)
    東京「お氣楽エネルギー講座」

●場所:サロン氣楽、世田谷院
http://homepage3.nifty.com/KIRAKU/access-tokyo.htm

●時間 1部 13:00~ 
    2部 15:00~ 
    1部、2部とも講師 サロン氣楽 森田
              
●料金 ( )内は氣楽のエネルギースクール及び伝授を受けていただいてる方

 1部2000円(2000円)、
 2部4000円(2000円)、
 両方参加5000円(3000円) 

2008年4月6日(日)
    新大阪「お氣楽エネルギー講座」 ~エネルギー封入の巻~

2008年4月24日(日)
    大阪平野「お氣楽エネルギー講座」 ~エネルギー封入の巻 ~


その2

山本正子さんのヨガ研究所が
映画「ガイアシンフォニー第6番上映会」の上映会をやります

●日程:平成20年3月23日(日曜日)

●時間:13:30~ ワンポイントヨガ   
    13:50~ 上映開始

●場所:兵庫県看護協会会館ハーモニーホール
(JR元町駅北西へ徒歩5分 地下鉄「県庁前」徒歩1分)

その3

エネルギー講座の相方、吉田淳香先生が
「合気ウォーキング大阪教室」
をやるそうです。

おもろいかも・・・

<日時> 

5月23日(金) 13時~15時
5月30日(金) 13時~15時
6月6日(金)  13時~15時

詳細は
http://www.k4.dion.ne.jp/~kiyoraka/ibento.html
奥歯が痛くなって歯医者さんに行った。

友人のエネルギーにも精通している歯医者さんで
とてもうまく、痛みも最小限にやってくれる信頼している先生
のひとりです。

しかし、今回、難治療だったので長時間麻酔使っていたため、
帰るころから全身がだるく、インフルエンザにかかったときのように
節々は痛く(そういえば、全身麻酔のさめた後もこんな感じだった)
次の日も結構身体はつらく、スタッフにフルセッションもやってもらい
やっとその次の日に身体は回復した。

(ふだん薬を飲んでいないと、たまに使ったらこんなことになる)

しかし、自分なりにもしんどいさなか、

大地のエネルギー (これは最近マイブームのエネルギーの使い方
→だいたいエネルギーなり手技なりはマイブームがあって
短期で使いこんで自分のものにしていくのが多い)

を取り込んで生命力をあげることもやって、それで幾分かはよくなったいる。

そのときのことなんですが(前置きが長い・・・か?)、エネルギーを取り込むときは肛門から吸い上げるような感じなんだけど、
取り込む量がふだんよりすごく多いことに気づいたんですね。

なんでかな?と考えたら、歯医者さんで一時間以上リキんだ状態だったので、肛門がずっとしまってたんですよね。

みなさんイメージしてみてください。

歯医者さんで歯を削ってもらっているとき、全身チカラが入って
肛門もしまるのわかります??

この状態で、大地のエネルギーがカットされて、生命エネルギーが
短時間だけど、ものすごく消費されて麻酔とあいまってダメージ
くらったかな・・・という検証です。

逆に考え込んだりすると頭がリキむのがわかるでしょうか?

これは天のエネルギーが取り込みにくくなるということです。

すなわち「ひらめかない」

なるほど・・・という
身体の緊張とエネルギーの取り込みの関連がよくわかる出来事でした。

そんなマイブームの大地のエネルギーのワークを今回のエネルギー講座ではお伝えいたします。

2月10日(日)新大阪

2月28日(木)大阪平野

3月23日(日)東京世田谷


詳細

http://okira9.web.fc2.com/kouza.html

参加希望の方は

日程、 一部、二部、どちらに参加か
お名前、
連絡先、

を、右下のメールフォームからお送りください。

講座でお話したことを実践してすぐ結果がでましたと
ちょこちょこ報告をいただいてうれしく思っています。

ちょっとした意識づけですぐ実践できるのがエネルギーのいいところです。

もちろん、もっと人に何かを施したり、もっといろんな経験を
してみたいと思う方は、それなりの時間や量を研鑚、勉強したり、能力伝授やレイキでいうアチューンメントなどで
情報量を増やすといったことがいるかもしれませんが
日常でよりよく過ごす工夫のひとつとして誰でも意識すれば
活用できることと思います。

特別ではなく、普通なんです。
ただ、知らなかっただけかも。
ピアノのレッスンに例えるなら

○ピアノの音は鍵盤をたたけば誰でも音だけはなる

=誰でも使える。

○ドレミを覚えれば楽しめる

=技術を知る。

○どんどん楽しくなるとどんどんレパートリーが増え、人にも聞いてもらえる

=使い方を学んでいく。人にも施せる

○いいピアノがほしくなり、本格的に学ぶ

=伝授などを受ける。勉強する、努力する

○より人に聞いてもらうことで、自分も人も幸せになる

=より人に施すことで、自分も人も幸せになる



何も特別なことではないんですよね。

楽しく。ピアノを弾くように、エネルギーに接していただけたらと思います。
そりゃ、プロになるにはどちらもセンスや半端じゃない努力
もいるだろうけど、それはそこまではまった人??だけで
エネルギー自体は今ある一般的な技術となんら変わりない
と思っています。

とにかく使い倒してください(^^)


ブログランキング、いったん落ちましたが
また3位にかえらせていただきました。

ありがとうございます!!