子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06
≪当院のお知らせ!!≫

各種施術、セッションの詳細は下記まで!

http://kiraku.moo.jp/

クラニオセイクラル施術、スクールの詳細は下記まで!

http://kiraku.life.coocan.jp/

以前、使っていたものです。
お試しいただいた感想教えていただけたらうれしいです。

仙骨をご存じない方は尾てい骨と思ってください。

両手ブラーンでぼーっと眺めるように読んでみてくださいね

でははじまります・・・



からだの中心、そして存在の中心であるあなたの仙骨を意識してください。
今から、その仙骨はすべてのものから開放され、自由に、そして躍動的になっていきます。

少しずつ、少しずつ、骨盤の周りの筋肉の硬さから開放されて、仙骨はのびやかに動き始めます。
そののびやかさは、やがて、あなたのエネルギーへとかわっていきます。

のびやかさは、腰から背骨に向って、周りの筋肉を緩めながら、どんどん頭に向って、柔らかくなっていきます。

肩甲骨から首、そして頭蓋骨を柔らかくほぐしていきます。後頭部、こめかみ、ひたい、そして頭の天辺へとゆっくりとほぐしていきます。

今、あなたは、頭の中で何を考えてもかまいません。

しかし、あなたの体ののびやかなエネルギーで、穏やかな心地よさです。

心地よいあなたの胸の中央に今から淡い、あなたの好きな色の光が入ってきます

柔らかく、入った光はゆっくりとあなたの体のなかを満たしていきます。

首から上、両手、おなか、下腹部、股関節、膝、足先へと光が満ちていきます。

あなたは、やがて皮膚感覚がなくなり、意識だけの存在になります。

あなたを満たした光は、頭の上から、すべての意識へつながっていきます。

あなたは今、全ての存在と一体感を感じています。

あなたはもうひとりではありません。

現状、迷っているとき打破する方法があります。

それは「腹をくくる」というただそれだけのこと。
実際、それだけがかなり大変なんだけど(^^;)。

いわゆる宣言(アファメーション)とか言葉にするという
言霊的なのではなく、まさに文字どおり「腹(下丹田)」が
ゆるまぬよう自分を引き受けるという「決意」ですね。

これは技法としてもやることができ、腹をくくる(しめる)とエネルギーがもれず、かつ上半身に拡がります。そして身体の軸が安定します。

みなさんもやってみてください。

座って、下腹部(へそよりやや下)を息を吐きながらおなかを出すようにして力を入れてみてください。
上半身は逆にゆるみ、両手がうごきやすく、背筋が伸びるのを
感じませんか?
これだけでも、エネルギーが満ち、内外の情報が増え、「決意」「気づき」が増えます。

簡単ですが、思いついたときやるとこれがいいんですね。
世の中、瞑想、技法がいっぱいあり、わざと手を変え、品を変えややこしくしている傾向がありますが、やはり簡単シンプルがいいと思います。

でも、簡単で楽なのはあきるし、おもしろみがないし、
やった実感がないから続かないんですよね。
その話はまた後日。

僕は、施術で同様のことをエネルギーでやりますが、
それはあくまで、ジャブを打ち続けてすこしづつ壁をくずすお手伝いであり、最後にストレートで穴をあけるのは本人なん
ですよね。


いままで、こういうことをあんまりお伝えしなかったけど、これからやっていこうと思います。

右上ブログランキング、クリックよろしくです!
現状、迷っているとき打破する方法があります。

それは「腹をくくる」というただそれだけのこと。
実際、それだけがかなり大変なんだけど(^^;)。

いわゆる宣言(アファメーション)とか言葉にするという
言霊的なのではなく、まさに文字どおり「腹(下丹田)」が
ゆるまぬよう自分を引き受けるという「決意」ですね。

これは技法としてもやることができ、腹をくくる(しめる)とエネルギーがもれず、かつ上半身に拡がります。そして身体の軸が安定します。

みなさんもやってみてください。

座って、下腹部(へそよりやや下)に息を吐きながらおなかを出すように力を入れてみてください。
上半身は逆にゆるみ、両手がうごきやすく、背筋が伸びるのを
感じませんか?

簡単ですが、思いついたときやるとこれがいいんですね。

僕は、施術で同様のことをエネルギーでやりますが、
それはあくまで、ジャブを打ち続けてすこしづつ壁をくずすお手伝いであり、最後にストレートで穴をあけるのは本人なん
ですよね。

いままで、こういうことをあんまりお伝えしなかったけど、これからやっていこうと思います。

みなさんの中には自分を成長、安定させるために瞑想や技法を日々の
生活に取り入れている方も多くおられるかと思います。

その過程で、「底知れぬ快感」を得る瞬間があります。
俗に言う「悟りの境地」とか「無の境地」と表現されることかもしれません。

先日、とある瞑想をやっておられるグループの方と話していたら
「一度だけ、無の境地というかふかーく満たされた感覚があったんだけど、それ以後それがなくてね、がんばってるんですけど・・・」
と話された。
「それは、地道にがんばったからそれを得たのであって、それを再現することを目的に瞑想すると魔がさしますよ」と少しきつめにお答えしました。

確かに体感として実感できるものですから、それを再現しようとして
がんばるのは仕方ないと思います。
あの身も心も満たされ、拡がり、すべてと一体化し、光となるような
快感は一度体験すると忘れることはできないでしょう。

よく「瞑想は指導者のもとでやらないと我流は危険を伴う」というのは
エネルギーが急に動いて偏差を起こし、頭(脳)が麻痺することと、
上記のように目的を誤って「魔」にさされることです。
その「魔」については具体的なことはあまり書きませんが、要は
「おかしな思い込みに囚われる」ということです。
サリン事件もその一端でしょう。

瞑想の目的は(あくまで持論ですが)
「無(我またはエゴがなくなった)の状態に意識を一時的に置き
そこから得た情報を実生活で実践し、結果を生むこと」
「リラクゼーションを誘発し、自律神経を安定させることで肉体の
免疫、自己治癒力を向上させること」
と、自分の体験から定義づけています。

あまりにもインパクトのある快感のため、それを目的とする気持ちは
わかりますが、そこはあくまで通過点と認識し、いつも冷静かつ淡々と続けていただきたいと思います。
またそれと同時、冷静に判断できる師、または仲間を必ず作っておくことです。単独は避けましょう。体感にこだわったり、それを目的としているようなグループはやめておきましょう。
仮に身体が宙に浮いたところで何の役にも立ちません・・・空を飛べたらいいけど。

なんか悪徳商法撲滅キャンペーンみたいなノリになりましたが、
先に経験した(いいこともわるいことも)者としては、なるべく効率よく達していただけたらなぁと超おせっかいの近所のおばちゃんになってしまいます。

おせっかいは嫌われる!!
とわかっててもやってしまいます。はぁ~っ(^^;)


目に見えない世界にモラルは・・・ある段階までは必要だと思います。
少なくとも自分自身が「愛」を持ち、「エゴ」と和解できるまでは
実際の人としてのモラルと同様に守るべきものは守り、立ち入っては
いけないものには立ち入らない。

よくあるのが、相手のことがなんとなくわかるからといって
頼まれもしないのに、「ああしなさい、こうしなさい」という人。
以前、ある神社の神主さんに「この神社を浄化してあげます」といった
あほ素人言霊使いがいましたが・・・何様のつもり?というやつですね。

「愛」を持ち、「エゴ」と和解できれば、例え
その行動自体が一般的に言うモラルに反していても争いは起こらないはずです。それがないから争い、反発が起こります。


身近な例では、子供でも友人でも、悪いことをして叩かれたとします。
基本的に暴力(体罰)はモラル違反です。しかし平手打ちに愛情が
目一杯込められていたら(だいたい叩かれた時はわからんですが)
後になって親なり友人の想いがわかります。

エネルギーの世界は目には見えません。
それゆえ、思い込み、勘違い、盲信が起こりがちです。
通常の人間関係同様、モラルを持って接しっていかなければなりません。しかし「愛」を持ち、「エゴ」と和解できれば自然と「壁」や「鍵」は消えていくでしょう。


みなさんもそうだと思うんですが
ある瞬間、深く実感することは多々あるが、持続的には
なかなか伴わない。
それに向かってまだまだがんばらにゃ。

なかなかできんのぉ・・・

先は長いのぉ・・・