FC2ブログ
子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら25年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11
≪当院のお知らせ!!≫

各種施術、セッションの詳細は下記まで!(奈良郡山、東京世田谷)

http://kiraku.moo.jp/

クラニオセイクラル施術、スクールの詳細は下記まで!(奈良郡山、東京世田谷)

http://kiraku.life.coocan.jp/

10月になろうかというときでもいまだに暑いですね。

いまラグビーが盛り上がっています。
一時期のサッカーのような感じですね。

自分もスポーツしていたからわかるのですが
長い期間の練習を経ての結果ゆえ、
その過程を想像すると泣けてきます。

人はもらい涙をするときは共感を伴います。
自分の体験を投影してつらさや喜びを共有することで
涙してしまいます。

しかも、年を取ると理性をコントロールすることが
できなくなってくるので余計にすぐウルウルしてしまうのですね。

経験豊かな年配の方はすぐウルウルしてしまうことになります。

自分もそれなりに年喰ってきたので、もらい泣きが多くて困ったもんですが、
泣いたら気持ちいいので最近は堂々ともらい泣きするようにしています・・・あはは。
暑いのも少し落ち着いてきましたね。
蜩の鳴く声も聞こえてきました。

夏もそろそろ終わります。
そしてNHKの朝ドラ「なつぞら」も後ひとつきで終わります(TT)

自分たちが小学生だった頃のアニメの背景が見れて最近は違った意味で
面白いですね。

そんな中、ひとつだけ違和感を感じます。
それはベタベタの関西弁を話す上司がいることです。
いまのところストーリー上キーマンではありません。
悪い役でもありません。
ただの「賑やかし」的なお飾りにみえなくもない・・・
そのキャラクターいるの?と思う位置づけです。

アニメであれ、ドラマであれ、
だいたい関西弁のキャラクターが一人は混ざっています。
これといって何もしていなくても関西弁をしゃべっているだけで
気になる存在になってしまうわけです。

そう、「こいつ、ひと一癖あるな」という目線です。

どうも全国的に関西弁のイメージというかキャラクター性が
そんな感じで使われているようですね。

あとは絶対に面白い人だ、とか話に必ずオチがある、とかイメージを持たれて
我々関西人はどんどん他の地域の人たちとしゃべる時にハードルが上がっていきます。

もちろん、笑いの文化が幼少の頃からしみ込んでることもあります。
確かに日常会話にボケ、ツッコミは当たり前のようにありますし、
オチがない話は怒られてきました・・・

しかし、それを期待されても困るよなぁと思いつつ
ドラマのあの関西弁の上司になんかやれよ~と期待している自分がいました。

これこそ、人のふりして我がふり直せ。。。ですね。
時節柄、暑中か残暑かわかりませんが
お見舞い申し上げます!

67837525_877342239287768_6497015892155564032_n.jpg
さぁ、夏全開の8月がやってきますね。

例年に比べるとかなり涼しい梅雨が明けての
8月ですが、今年はエアコンもあまり使わず
過ごすことができました。

過ごしやすかったのはありがたいのですが、
こうなると不安になるのが作物の不作ですね。

30年くらい前だったか、米不足でタイ米が
有名になりましたが、またあのようなことに
なるかもしれません。

今となってはタイ料理やサフランライスなんかで
よく見かけるので以前ほどの抵抗感はないはずですが
あの頃は悲喜こもごもでしたね。

すでに野菜は上がってるし、お米の収穫が始まる
10月から消費税もあがります。

秋はちょっと波乱になるかもですね。

そうなっても笑い飛ばせるようにこれから始まる
夏を楽しみましょう!!

ちなみに僕は戸隠神社、善光寺~諏訪大社に参拝予定です。
お蕎麦が楽しみ!!
今回、クラニオセイクラルスクールを卒業された方は「謎の人」です(^^)。なので写真もありません( ̄O ̄)

いろいろ謎でしたが、
スクール最後のテスト中に
深い癒しが発動したみたいで
いろんなブロックが外れたようです。

クラニオセイクラルは施術する側の人も内面の変化が起きることがあります。

しかし、決して怪しいヒーリングや儀式ではありません。
しっかりした手技であり、テクニックです。
しかし、その結果として内面の変化が起こるのは

「身体と心は繋がっている」

に他なりません。
そのことを頭ではなく、体感として理解いただけるすばらしい施術です。

今回、最後に予想外のことが起きたことにとても満足していただけたようでした。

以下はその「謎の人」感想です。

---------------------

この世界に偶然はないと言われたりしますが、
人との出会いもそうだと思います。

いつもベストなタイミングで
ご縁のある方と遭遇してきました。

3年以上前に初めて氣楽さんのHPを見つけた時には、
「今じゃないな」と感じ、そのまま忘れ去っていました。

ですが、去年、氣楽さんのHPを再度探したくなり、
サイトに載っている森田さんの写真をじっくり見て、
(HPの内容はどうでもよかったです)
この人に会いたい!!と強く思った次第です。

最初は、クラニオセイクラルの施術を受けることで
癒されたいとだけ思っていましたが、
クラニオの手技を学んでみようという気持ちになり、
一般向けのベーシックコースをスタートしました。

生徒としては、ダメダメだったと思います。
習った手技を次のレッスンまでの1、2ヶ月の間
全く練習しなかったからです。

でも、森田さんはお気楽な方なので、
「そっか〜」というノリで、
毎回、細かく指導してくださいました。

念のため弁解しておきますと
私は自分で言うのもなんですが、
大変真面目な性格なので、
習ったことを復習しないということは
今までの人生の中で、一度もありませんでした。
今回が初めてです。

そして、今日、レッスンの最終日を終え
今まで、私がどれだけ本来の自分と違う
”真面目”で、”優等生”で、”努力家”の自己を
やり続けねばならないという固定観念に縛られていたのかに
気付きました。

練習台の森田さんに対して私がクラニオの施術している間に受けた
森田さんからの的確なアドバイスに従い
自分の気持ちを変化させていくと
発しているエネルギーの波動が上がり
クライアントさんだけでなく、施術する自分自身にも
浄化と癒しが起こるという体験をしたのです。

固定観念に縛られていた自分は、常に緊張を強いられ
こんなにも苦しい思いをしていたんだということに気付きました。
そうしたら、自然に涙があふれ出てきて
泣きながら森田さんの頭部に手技を施しているという
おかしなことになりました(笑)

終わった時には全身の力が抜けて
座っていられなかったほどです。

今日、はっきりと分かりました。
森田さんとのご縁は前世からのもので、
その時も森田さんは、的確なドバイスをしてくれたのに
私が聞く耳を持たず、あえて自分を苦しめるような
道を選んでいたんだということを。

そして、今世で、その時の頑なな心を解きほぐすために
森田さんと再会し、「YOUらく〜に生きなよ」
というメッセージを言葉とエネルギーで受け取ったのだと思います。

天の采配に
前世からのご縁に
深く感謝します。

そして、なによりも
私の腕をひっぱり、本来のお気楽な道に
戻してくれた森田さんに
感謝、感謝です!!!

本当に楽しかったです。
ありがとうございました!
シンガポール在住のピラティスインストラクターさんが
クラニオセイクラルスクールを修了されました。

一時帰国中に当院を見つけて施術を受け、
そのままスクールへ移行しちゃったアクティブな方です。

その上、毎日なんらかの気付きがあって、
感情の吐き出しなど大変だったようですが、
終わってみればバランスのよい安定したご自身を見いだされたようです。

これからシンガポールでピラティスのクライアントさんに
内面までアプローチできるインストラクターになっていただきましょう(^.^)

以下はいただいた感想です。

クラニオセイクラルセラピーという名前だけ知っており、興味が前からありました。
実際受けてみて、今まで体験したことがない安らぎと癒された感覚があり、
ますます興味がわいたタイミングで森田先生との出会いに導かれ、
あれよ、あれよという間にクラニオセイクラルのとりこになっていく感じでした。

始めはとにかく素晴らしいセラピー法であることだけでしたが、実際、講座で実践が始まると
“素の自分”と向き合うことが必要不可欠であることが感覚として分かっていき、
分かる度、自分の中で気づきがあり、その気づきもクラニオを通して自分と向き合っていくほど、
どんどん深く自分の内側に入りこんでゆく感覚がありました。

自分の内側と向き合うという覚悟・勇気をクラニオを通して学べたことに本当に感謝しています。
そしてその覚悟・勇気を感じた時、
森田先生は何とポーカーフェイスでそれを日々実践されているのだろう!と感動しました。

“人を癒したい”という想いが傲慢であること、
まずは自分が癒されてないといけないこと、
人を癒すために何かをする(doing)のではなく、どう在る(being)べきか?
それを森田先生は自身をもって体現されているのだな、
ということが大きな気づきとしてありました。

たくさんの国を訪れ、住み、旅をし、たくさんの本を読み、
頭で分かっていたこと、体験を通して感じたこと、全てのことが自分の内側で気づきとなって導かれた感覚で、
森田先生のクラニオにたどり着いたことに感謝でいっぱいです。

何者でもない、ありのままの自分、それ、そのものを感じること、、、本当に夢のようなぜいたくな時間でした。
そしてこれからもクラニオを通して、ありのままの自分と向き合い、
様々な人たちに出会ってシェアしていけることに喜びを感じています。

もっともっと、まだまだ素の自分でまた次回、先生に会えるよう、がんばりません。
素晴らしい出会いに感謝します。ありがとうございました。
すべて自分の感じるままに導かれていこうと思います。

66146859_854156541606338_8948816660479868928_n.jpg
いい加減と適当

「いーかげんにしなさい」
「テキトーなひとだなぁ」

って悪いイメージで使うけど
ほんとは

「いい加減にしなさい」
「適当な人だなぁ」

と漢字にすると
すごくバランス感覚にすぐれた
よいイメージ。

これを悪いイメージで使う国民性が病む原因になってる気がする。

かつてはそれでよかった、
それがよかったが
しかし時代は変わりゆく、、、
今はこれじゃダメだ。
とうとう梅雨の季節がやってきました。

しかも台風( ̄O ̄)
大阪はG20で物々しい雰囲気です、、、

ところでこの季節になると、
気圧が不安定になりが頭痛が多くなる人も多いのでは?

ほかにも、首の痛み、めまい、耳鳴り、気管支ぜんそく、
関節痛、神経痛、古傷の痛み、鬱(うつ)や不安神経症なんかも出やすいようです。

これらは気象病と呼ばれるそうですが、
医学的にはまだ明確な原因はわかってないらしく、
おそらく自律神経が乱れるのではないと仮説するにとどまっています。

諸説あるみたいですが、
僕は脳脊髄液が気圧の変化によって脳自体への圧力を
一定に保てなくなるのが原因ではないかと考えています。

はい、脳脊髄液といえば
当院のクラニオセイクラルの得意分野でして、
気象病?も軽減する実績が多くあります。

なんだか不調、、、にはとても有効な施術ですので
機会があれば受けにきてくださいね。
最近、
施術やスクールに来てもらって
すごく喜んでもらえたら
「こちらこそ、よくぞここを見つけてもらってありがとうございます」
という言葉がでるようになってしまった。

正直、僕のやってることは
僕自身もいまだうまく非常に表現できないし、
指で触れてるだけなので
もしくは触れないので
理解もされにくいし、
受けてみて初めて「おお、これはいい!」
とようやく思ってもらえる。

知名度は30年前に比べたらずいぶんあがったけど、
それでもまだまだまだまだマニアックでマイノリティ

そんな中でよくうちのよくわからないホームページを
みて、「よし、ここにいってみよう」を思って勇気を出して
来てくれたよなぁとつくづく思う。

昨日は感激して泣かれてしまったので、
なんか表現したくなって書いてみた。

いつもうちに来てくださってるみなさん、
ほんとにありがとうございます。

ミュージシャンのクライアントさんのはなし。
痛みの根源を探って
抜いてみたら
「子供の頃の絶望感」みたいな
のがでてきて、
そのことを本人に話すと

「ちょうどいま、それをテーマに曲を書いてるところなんです」

と、なんだかすごい答えが返ってきて、おもわず

「抜いてもいいのかなぁ、、」
と言ってしまった、、
あはは。

ミュージシャンは
音楽で感情を表現して自らを
浄化するんだなぁ。
抜けるってことは手放すタイミングだから。

曲が完成したら、
僕がやらなくても
自然に癒されててたんだろうな。

余計なことをしちゃった(^.^)

もちろん痛みはなくなりました。