FC2ブログ
子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら20年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2019/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/06
≪当院のお知らせ!!≫

各種施術、セッションの詳細は下記まで!

http://kiraku.moo.jp/

クラニオセイクラル施術、スクールの詳細は下記まで!

http://kiraku.life.coocan.jp/

先日、クライアントさんがボソッと

いままでいったセラピストなり医者からいつも
「直ったら自分の治療のおかげにして、
治らないのは自分が治る気がない」的な扱いを受けてきて、目の前にいて苦しんでいる人を助けることより、自分の能力を試したいだけだった気がする。

と話してくれました。

幸い僕はいままで一回もその手のことを言ってなかったそうで、
なぜ言わないのですか?と逆に聞かれてふと考えてしまいました。

確かに以前は僕も同じようなことを思っていた時がありました。

たぶん、その時はクライアントさんを治したい気持ちが強く、
そのために、勉強して、研究して、練習して、その時はその時なりに必死だったゆえにそう思ったんだと思います。
しかし、クライアントさんからするととてもじゃないけど耐えられない言葉だったんですね。

そのことはあえてクライアントさんには話しませんでした。
施こす者の勝手な信念ですからね。

じゃぁ、なぜ僕は今はそうじゃないのかと思ったら、
たぶん、自分が治す気がないからだと気づきました。

こう書くと誤解されそうですが、シンプルにクライアントさんの治癒力が治す、そのきっかけを作ることしかできない、、

と、心底思ってるので、上記のようなことを思わなくなったんだと理解しました。

賛否両論あるとは思いますが、今の僕はそんな感じです。
今頃GWのことですが。

高知市内のお遍路を7箇所巡らせていただき、

四国の天空の林道と呼ばれる明神山、
UFOラインと呼ばれる瓶が森にいってきました。

どちらも壮大な景色とともに
よくこんなとこに道を作ったなぁという
感想でした、、おそらく電波搭設置の為ですが。

やっぱり自然はよいですなぁ、

60462130_818619528493373_4602874424868208640_n.jpg
60212737_818618938493432_8021419761122410496_n.jpg
出版までの長い道のり。

執筆作業もままならないのに、

イラストも自分で書くことにしました。

わかるひとにはわかるアプレジャー氏の本のオマージュです。

59794090_814456905576302_3710000807643447296_n.jpg
ゴールデンウイーク、みなさんどのように過ごされましたか?

そして、令和元年をどのように迎えられましたか?

実は私は四国の絶景を見るためにバイクで大雨の中、
仲間の待つキャンプ場へ向かうため高速道路を移動中
なんとハイウエイオアシスのガソリンスタンドが閉店していて、
その先に進むにもガソリンスタンドが開いていない可能性が高く
雨で身体も冷え切ってそこで力尽き・・・
サービスエリアでテントを張って令和元年を迎えてしまいました(TT)

しかしその後、これ以上ない程の晴天の下で壮大な明神山の絶景を見ることができて
本当に感激することができました。

頑張った後にはご褒美ですね。

正に大自然は心身を健全にしてくれます!

また皇族の方々をテレビで見る機会が今までになく多くなり
とても身近に感じることのできた連休でもありましたね。

いかに平成の時代が災害であったか、
それにどれだけ心を痛めておられたか、

そんな描写が多かったように思います。

そして令和の時代、

天皇陛下が今まで繰り返しお話されていた「手を携えて」というお言葉を
改めて心に留めて新時代を過ごしていきたいですね。
うちの施術院のある
地元大和郡山市の
郡山城跡のさくらを見に散歩。

満開までもうちょいかな。

56407456_792921787729814_6602671301658148864_n.jpg
56326516_792922007729792_6788361051604779008_n.jpg
56405441_792922071063119_890510543398371328_n.jpg
56350785_792922104396449_5036443101292396544_n.jpg
56440176_792922141063112_6930552231770980352_n.jpg
平成も終わろうとしてますね。
テレビはこればかり。

気づくと脱サラして今の仕事について今年で25年。
がんばって平成を生きてきた。

しかしよくもまぁ
保証も契約書も繋がりも何もない状態、
エンジニアから整体へと
まったくの畑違い、
かつ結果をださないとやっていけない、
誰も助けてくれない、
日銭稼ぎの自営業でよく生き残ってきたなぁとひとり感慨に浸ってしまいます。

会社をやめたときは、
嫁さんは専業主婦
次男が嫁さんのお腹にいた訳で
よくもまぁ無謀なことをやったもんだと、思い返すと怖くなります。

いまでは無事二人の息子も家を巣立って社会人となり、
職場にはスタッフもいて仕事も助けてもらい、
おだやかに嫁さんと二人で
毎日を過ごせてます。
これから親のことが大変にはなりそうですが。

ま、いろいろあるけど、ずっと信念は貫いてぶれずにやってきたのがよかったかな。

「すべては自分次第」

これに尽きると思ってます。

たぶん、死ぬまで人生楽しみながらも、仕事は続けているでしょう(^.^)

これからもよろしくお願いいたします。
昨年8月に胆のうガンと肝臓、リンパ節への転移で余命4か月、
年越しはダメって宣告された方がいて、
一回の抗がん剤治療の副作用があまりにもきつくて
いわゆる西洋医学は一旦やめて
自然療法に切り替えて、食事療法とうちの施術でいまだ普通に暮らしている
方がいます。

で、今日連絡があって、
進行状況を確認するため7か月ぶりに同じ病院でもう一回検査をしてみたところ、
メインの胆のうガンは8月のまま進行なし、肝臓とリンパ節への転移はほぼ消滅してるって
連絡がありました。
良くなっているということですね。

当然ドクターは不思議がりますわなぁ。

でも理解あるドクターでちゃんと話しをして、
もう一回抗がん剤を弱めに入れて残りをやっつけて
引き続き自然療法をすることになったようです。

いやもううれしいですね!こういう報告(^^)

西洋医学と自然療法のいいとこどりをするのが
一番いいと思うんです。

否定しあってる方々もいますが、
結局、クライアント(患者さん)のことを考えるのがメインであって、
施す側の人間が自分たちのやり方をやり通すのはナンセンスだと常々感じます。

もちろん、クライアント(患者さん)が賢くならなければいけません。
この方はすごく勉強されてましたし、ドクターや僕まかせではなく、
自分にはなにがよいのか?日々何をするべきか?などを
ちゃんと考え、決して自分のことを丸投げしない方でしたから
良くなってきたのだと確信してます。

ひょっとしたら完治するかも?に向けてがんばりたいですなぁ。
トヨタがやらかした女性に向けての

「やっぱり運転は苦手?」

だけど、
大脳の性質、
女性の脳の特徴として
3次元的な空間認識能力は
苦手な傾向があるらしく、
(すなわち距離感やスピード感を把握しずらい)
別にヤイヤイ言うことはないと思う。

男性に子育ては苦手?

と聞いてるのと同じで
本能として得手?不得手?
だけの話。

世の中、勉強不足で上っ面だけ
捉えて騒ぐ人が多すぎ。

ただ、先進国ではその差がなくなってきてるとのデータもあるらしい、
いわゆる進化なのかな。

これからの時代、そのあたりも考慮しての言葉の発信がいるのかも知れない。

ってことはやはり騒いでよいのか?

シランケド
今年の2月は暖冬で暖かい日が続きましたね。
各地で梅も咲きだしたようです。

先日、
昨年から始めた四国88か所巡業、いわゆるお遍路さんを
してきました。
自分の場合はクルマかバイクになりますけど・・・
まだまだ歩き遍路はムリです(^^)

そして、いつも思うのですが
どうして社寺、城はお山の高いところにわざわざ大変な思いをして建てるのだろうか?と。

神社は山自体が神様なのでなんとなくわかるのですが。
お城は時の支配者が諸国、庶民を見下ろすために、
また攻め入られないためにお山の上に建てるのは、これもわかるのですが、

お寺は人々の心の拠り所を、わざと参拝しずらい場所に建てるのか?考えてみました。

1、修行は人里離れたところでするから。
2、災害時に回避できる立地だから。
3、庶民を見守るという意味で。
4、わざわざ登ることでありがたみがわくから。

で、本当の意味はどうでもよくて、
自分としては実際に思った4番の「ありがたみがわく」ですね。

町の中にあるお寺はなぜかイマイチ物足りなさを感じ、
山を上がってフウフウ言いながら本殿にたどり着くと
「やっと来たなぁ」と思ってしまいます。

心の拠り所にするならば、
ありがたみを感じることで充実するのでそれでよいかな。

何が言いたいかと言うと、自分なりの納得があれば、
本当の意味なんてどうでもよくて、幸せを感じれるよね・・・・
ってことですかね。

でも御朱印書いてくれる人が無愛想だとちょっと嫌かな(^^)
クラニオセイクラルスクールの感想をいただきました。

この方は舞台女優さんでもあり、セラピストさんでもあり、

クラニオセイクラルではないけど、練習でちょっと痛い筋膜リリースをさせてもらうと「顔にシワができる~」と叫びながら自分の手でシワを伸ばして練習台になるおもろい方です。

お教えしたことはすぐに実践⇒結果に繋げて、すぐ使える僕のコンセプトを明確に受け止めてくれている優秀な施術家さんです。
ザンネンながら顔出しNGなので感想文だけ。
マンツーマンのメリットを活かして受講いただきました。

以下

Oさん、東京、フェイシャルエステ、内臓矯正

クレニオ・セイクラル・セラピーに興味があり、アプレジャーさんの著書を読み、勉強したいと思い、
アプレジャーインスティチュートジャパン体験セミナーに参加しましたが、
参加人数も多く、生徒どうしペアを組むので、手の位置等、細かいところが良く分からなかったので、
個人でレッスンをして下さる先生をインターネットで探していた所、森田先生の所にたどり着きました。

先生のご活躍や受講者の皆さんの感想を読ませて頂き、まず先生に施術して頂きに伺い、
お話をうかがい、先生にご指導頂くことに決めました。

友人と二人でレッスンを受けましたが、とてもていねいに分かるまで教えて下さる上に、
先生の明るいお人柄に癒されました。

私は少し頑張って力を入れて生きるタイプの様で、
先生は自然体でもっと楽にとご指導下さり、
毎日患者様に向き合う時間も少し余裕が出来た様に思い、感謝しています。

技術面では今までの施術や森田メソッドで結果を出す事が出来、
お見え頂くお客様にも喜んで頂いています。

森田先生の所で勉強できて本当に良かったと思います。
先生、ありがとうございました。