fc2ブログ
子供の喘息がきっかけで脱サラ、気が付いたら30年。心と身体を回復させるアイテム「温」「緩」「巡」の日々をつらつら書きたいと思います。
2024/0112345678910111213141516171819202122232425262728292024/03
≪当院のお知らせ!!≫

各種施術、セッションの詳細は下記まで!(奈良郡山、東京世田谷)

http://kiraku.moo.jp/

クラニオセイクラル施術、スクールの詳細は下記まで!(奈良郡山、東京世田谷)

http://kiraku.life.coocan.jp/

「自分でてきる、誰にでもできる心と身体が元気になるエネルギーヒーリングのすすめ」

https://amzn.to/3k6r5PP/

私、森田の著書となります。
ヒーリングの基本的な理論と技術を理解してもらえるような、
テキストのように使えるわかりやすさをメインにして書きました。
図解も多いし、専門用語もあまり使わず、
タイトル通り自分にも、誰にでも使ってもらえるハウツー本になります。

令和6年も、はやヒトツキが終わりました。

年初から大変なことが起こり、一人一人いろいろ思うところもあったと思います。

こと能登半島の地震に関しては、
自分が毎年くらい訪れてました宿が能登町にあるのですが、
幸い建物も崩壊せず、水道はダメでしたが電気ガスは通っていたため、
湧水を使って被災された方々へのお風呂の提供や救援活動の拠点となっていたようです。

そして、便利な世の中になったもんで義援金などを待つ前に
宿に直接PayPayで支援金が送れました。
一番確実で生きたお金が使ってもらえます。

なかなか個人での活動は制限されますので、
これはかなり有効な方法だと思います。

一日も早い復興を祈ります。

あと、その地球の変動の影響もあるのか?くらいに急に体調を崩す方が最近多発してます。
今年は例年よりかなり寒さはましだとは思うのですが、、いったいなんなん?です。

収まっていた症状が急に再発したり、悪化したり本人も動揺されるくらいのが続いてます。
ひとりひとり丁寧に対応させてもらってます。

みなさまもなにかしら影響あるかもですが、
慌てずゆっくり過ごすことで落ち着きますので、ご自愛くださいませ。
2024年、
いきなり大変な年明けとなりました。

能登半島はバイクで毎年訪れている
自分にとっての愛すべき地であり、
ニュースの映像を見る度に心が痛みすぎる
日々ですが、幸いご縁ある方々の生存確認はできましたのでホッとしているところでもあります。

2011年の東日本大震災の時もそうでしたが、
ボランティアなり支援方法なりが整備されて
きて復興まで我々ができることが明確になってきてますので、時が来たらなにかしらのアクションをとりたく思ってます。

また私事ではありますが、先日とうとう還暦となる60歳を迎えました。
若い頃、60歳といえばなにもかも悟って静かに年を重ねるおじいさんに思ってましたが、いまの自分を見る限り
「落ち着きのないバタバタしてる体力の衰えたガキんちょ」
としか思えなくて笑けてしまいます。

ありがたいことに健康ではありますので
もう少し頑張って仕事を続けていきたいですね。

みなさま今後ともよろしくお願いいたします。
今年もとうとうあと1ヶ月となりました。

コロナ騒ぎがようやく落ち着いて年末を迎えるわけですが、
世の中はずいぶん変わったように思います。

中でももっとも変化したこととして、
テレワークという働き方が構築され、
生活スタイルが変わりました。

朝起きて自宅が職場になった分、
通勤という一見無駄な時間と捉えてもおかしくない行動がなくなり、
その分自分の充実した時間の使い方ができるようになった人がいる反面

そのことでいままで普通に行っていた通勤という
すばらしくも自覚のない筋トレがなくなってしまうこととなり、
一気に運動不足からくる身体の不調を訴える人が増え、

加えて気持ちの切り替えができなく、
メンタル的に追い込まれる人も増え、
時代とともに身体と心の対応ができなくなってきたのも事実です。

そのことを日々の施術で実感するとともに
気持ちの切り替えを身体を動かすことでできますよと
アドバイスするわけですがなかなか実行できずに苦戦するのが現状です。

人間、弱いもんで強制や必要でなければ実行できないのです。
自発的に何かに取り組むには危機感や明確な目的意識がなければ動けないのですね。

みなさん、もし心当たりがあれば行動してみてください。
急に寒くなりましたね、
あれだけ暑かった初秋が嘘みたいに冷え込む季節になりました。
寒暖差が激しいですが、みなさんの体調はいかがでしょうか?

実は私はアニメ、マンガが好きでAmazonプライムなどでよく見ます。
これがまたよくできた内容のものが多く
精神性の高いものや社会に切り込むようなものもあり、
僕のような本が苦手な人でも入りやすくとても勉強になります。
昔で言えば手塚治虫のようなメッセージ性のあるものがとても多いのです。

空港で来日した外国の方にインタビューするテレビ番組でも
日本のアニメを見て文化に触れに来た方の多いこと多いこと。
ホントにこれはカルチャーですね。

アニメの舞台になった地域を聖地として観光誘致をして成功した市町村もあり
経済効果をあげています。

文字本や実写に比べると表現できることが多く、
作者の想いが伝わりやすいからかも知れませんが、
それ以上に受け取る側の感性がとても豊かになっているからなんじゃないかなと思っています。
最近よく言われる多様性ですね。

いろんな価値観があってよいという時代の流れが豊かな感性を発信、受信、共感して
世界的にそのことが認識されてきているのではないかと。

その最先端がたぶん日本、、のような気がしてます。
だって他国のアニメ、マンガなんて日本でみませんもん、、
中秋の名月
満月がきれいでしたね。

情緒的な風習ではあるけど、
団子がセットになってるところが
おもしろい。

その由来は、お米の収穫に感謝してとのことですが、
実はバレンタインのチョコ同様に
当時の団子やさんが仕掛けたビジネスモデルなのかな?
と情緒のかけらもないことを考えたりしてます。

話は変わりますが、このところの寒暖差は
かなり身体に堪えてしまいますね、、

7月くらいから始まった真夏日の影響で
夏風邪や乾燥期に流行るはずのインフルエンザまで蔓延、、
明らかに体力低下による免疫力の低下です。

頑張って暑い夏を乗り切ってホッとしてしまう今が実は危ないのです。

みなさん、秋のおいしい食べ物をおいしくいただいて
免疫力をあげてくださいね。
8月2~14日まで
還暦記念?としてモンゴルで開催される
ラリーモンゴリアという競技に参加してきました。
7日間で砂漠や大草原を3600キロ走る大冒険です。

モンゴルはいまの季節、25~30℃で暑いけど湿度は低く
風も吹いて過ごしやすい気温でした。

ラリーは基本的に一人で走る競技なので、
故障すれば自分で直すし、
迷っても自力でゴールにたどり着かないといけません。
時には日が暮れてから走ったりもしました。

バイクのエンジンを切ると
漆黒の闇とはこのことか、、
と思うくらいの音と光のない世界で
怖いとか寂しいとかではない、なんかおかしなモードなります。

ヤバイヤバイと空をみたら、、
写真でみた通りの恐ろしいほどの数の星と天の川がそこにあり、
すべてが日本とは桁違いのスケールでした。

モンゴルの遊牧民はやさしく、動物は自由に、
大地はただただ広かった。

結果は残念ながら4日目にトラブル発生でリタイヤとなりましたが、
この冒険は還暦となったいま、
改めていろんなことを考え直すよい機会を与えてくれました。

今回、モンゴルに行く機会を与えてくださったすべての人に感謝いたします。
366739755_6435284286589026_1346500640661759044_n.jpg
367466369_6452802474837207_4811633286041854641_n.jpg
366024442_6441411735976281_298286490724241699_n.jpg
366008250_6444084975708957_6259284941740204480_n.jpg
367458545_6444083689042419_624741690464516982_n.jpg
366026972_6444083332375788_279172031917599424_n.jpg



異常な暑さですね。
大阪の枚方市は39.8℃を記録したとか、、

そんな酷暑の中ですが8月14日まで
モンゴルに行ってまいります。
ゴビ砂漠も行きます。

時、同じくしてモンゴルを舞台にした日曜ドラマ「VIVANT」で
壮大な景色が写し出されていて
そこに行けると思うとソワソワしてしまいます、、(^^)

地球そのものの大地に身を置いて
自然と共存する遊牧民の方々と接して
自分の新たな何かが感じられたら嬉しいですね、

またご報告いたします。

来院くださる皆様には留守をしてご迷惑おかけしますが
よろしくお願いいたします。
影響力のある人の言葉ってすごいですね。

ある方を施術させてもらって
その方がよかったよーっと
ブログに書いてくださったら、、、

その日から新規の方の予約が相次ぎました。

ここには間違いなく信頼があるんですよね、
すごいと思います。

テレビや有名人がよいと言えば
行列や品切れがでることとはちょっと違う
(これは営業や戦略や聞く側の盲信が含まれる)

その分、行動や言葉は慎重にしないといけないとか
気を付けないといけないことが増えるかもですが、
それも含めて自然体な方かも知れませんね。

自分もそうありたいと思うのですがなかなか届きません。

しかし、自分が楽しく好きなことをやってることで
それを見た人が元気になってくれるのは実感しています。
もちろん、施術で元気になってもらうこともですが、、

世のため、人のために役にたつのは
実は自分が楽しく過ごすことだけでも
充分できているかも知れませんね。
なんと5月にも関わらず西日本に梅雨入り宣言が出されましたね。
こんなに早いのは何年ぶりなのでしょう。

子供の頃は6月は梅雨のイメージでしたが、
だんだん遅れて7月くらいまで跨いでいたように思いますが
戻りましたね。

気象の話になるとすぐ温暖化の影響で、、
みたいなことが話題になりますが、
僕はそれについてはどうなんだろ?
単に異常気象なんじゃないかな?
と思ったりします。

地球って
人がどうこうしても揺るがない、
そんなちっぽけなものでは影響されない、
とてつもなく大きな存在だと僕は感じています。

もしそれが温暖化ならば、
人的なものではなく、地球がそうしたいから
そうなってる、、みたいな感じですかね。

地球に優しいとか、
SDなんとか、、
よく聞きますけど
地球は全く気にしていないんじゃないかな、、
地球をナメんなよ(^-^)
春の陽気と急な冷え込みが交互にやってくる不安定な時期ですね。

いま、ひたちなか市のネモフィラが満開だと
ニュースが伝えていましたが、例年よりもかなり早いそうです。

そういえば桜もいまや入学式の定番というより
ヘタしたら卒業に咲くくらい早くなってきています。

このような自然界のいろんな事象が前倒しになるのは温暖化?
なんでも温暖化?
僕個人は気の遠くなるくらいの地球の歴史の中でこれくらいはなんでもないことのように思います。

変化に敏感になることは環境に対応するためには必要なこと、
でも敏感になりすぎることはストレスに繋がる。

日常においてもおなじこと、

清潔にしすぎるとちょっとした雑菌にやられるし、まわりを警戒しすぎるとすごく疲れますよね。

昔、鈍感力という本がよく売れました、
それくらいいま人間は敏感に生きて疲れはじめているのではないでしょうか?

この春の陽気に飛んでる蝶のように軽やかに
生きていくのもよいかと思いますよ。